奥只見湖の夕暮れ!イオス80D

奥只見湖の夕暮れをイオス80Dで!

福島県桧枝岐村と新潟県魚沼市を結ぶ国道352号線。
(冬季は閉鎖になります)

この道を走っていて たまたま目に飛び込んできた奥只見湖の風景です。

夕方6時を過ぎていたので、長い長い山道を早く通り過ぎたかったのですが、ちょっとスルー出来ない景色だったのでイオス80Dを三脚に撮り付け、しばし幸せタイム(撮影)に。

 

夕暮れの奥只見湖

川かと思って撮っていたのですが、あとで調べたら奥只見湖だということを知った次第でして…

圏外で自分がどこにいるのかも分からないという、現代では そうそう経験しない状況にいました(-_-;)

 


デジタル一眼

電波も入らず、自分がどこにいるのかが分からない状況にあることも滅多に経験しないですよね(^^;)

 

千里川土手で三脚撮り(伊丹空港)

千里川土手から伊丹空港に発着する飛行機を撮りに!

三脚を立てて思ったような構図で写真を撮れたら最高ですね。

夕暮れの伊丹空港

(写真)
伊丹空港
ISO 5000
絞り f/6.3
露出 1/80秒
焦点距離 221mm
三脚使用

千里川土手ではフェンス越しに撮影するので、三脚もある程度の高さが必要だと思ってしまいますが、
私が使っているのは、マンフロットBefreeで、価格は二万円弱。

伸高123mで、全部伸ばしても144cmの高さなんですが十分でした。

小川を挟んだ両側それぞれに土手があり、どちらの土手からも滑走路と飛行機が撮れます。

フェンスの高さが気になるようなら、滑走路から離れているほうの土手が少し高いので、そちらで撮るのがいいかと思います。

Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ ボール雲台キットNEWデザイン レッド MKBFRA4RD-BH

撮影以外にも以下のような対策を。

風、蚊、暑さ、直射日光、水分、寒さの対策。
トイレが無いので、あらかじめ最寄りのコンビニの確認など。

撮影場所がちょっと不便な位置にあるので、少しでも快適に過ごせるように準備して行かれるといいと思います。